IIWに関するFAQ

(情報更新:2021年4月14日現在)

Q1:フェローシップ制度のもと支給されるため氏名が公表されると聞きましたが,本当ですか?
A1:はい,公表します.

Q2:フェローシップはアルバイトの制限は受けるのでしょうか?
A2:現在調査中です.

Q3:外部のグラントを獲得したときに,支援金を辞退もしくは減額できますか?
A3:現在調査中です.

Q4:RAに採用され20万円/月支給され,IIWは上限10万円までだと思いますが、調整できますか?
A4:現在調査中です.

Q5:TAもあるときは上限を超えてしまうがどうすればよいですか?
A5:TAは金額で判断しますので事務局に相談してください.

Q6:DCに採用された場合、支援金も研究費ももらえないのですか?
A6:はい,そうです.DCのほうが月額も研究費も多いので支援金等はありません.ただし,DC採択者も他のIIW生と同様にIIWにて実施する学生プロジェクトなどには応募が可能ですので,採択されたら研究費として支給されることもあります.さらにDC採択者には部局の卓越RAで5万円支給します.

Q7:フェローシップ研究費の伝票処理は誰がやるのですか?
A7:DCと同じ仕組みが予定されています.詳細が決まり次第,該当者へ連絡します.

Q8:副業などの制限はありますか? 研究に関連する副業ならいいのですか?
A8:基本的に,TAやRA以外は認められません. TAの金額の上限については,現在調査中です.また,RAは研究に関するもの以外は認められません.自身の行っているRAが研究と関連するかどうかについては,ご相談ください.

Q9:他の奨学金との併給は可能ですか?
A9:各奨学金のルールによります. 各奨学金が併用を認める場合には,問題ありません.

Q10:既に学振採用されていますが,こちらのフェローシップに応募できますか?
A10:はい,応募可能です.ただし,フェローシップの支援金はでません.

© 2021 知能社会国際卓越大学院プログラム