お知らせ

情報理工学系研究科 第3回 オンライン・シンポジウム「ポスト・コロナの新たな情報化社会へ向けての提言 – 産学連携への提案(2) – 」 開催

GCL/IIW 有志が発表するシンポジウムが,下記の通り執り行われました.

日時:2020年9月25日(金)13:00 – 17:45

情報理工学系研究科 第3回 オンライン・シンポジウム
ポスト・コロナの新たな情報化社会へ向けての提言 - 産学連携への提案(2) -

司会:ソーシャルICT研究センター 特任准教授 山口利恵

【プログラム】

第1部: Closed Session (UMP-JUST 参加企業 https://www.i.u-tokyo.ac.jp/edu/indus/ump-just.shtml の方は参加可能)

13:00-13:20 「GCL/IIWのプログラムのご紹介」
ソーシャルICT研究センター センター長・教授 中田 登志之
13:20-15:00 GCL/IIW生のポストコロナに関する提言
司会 知能社会創造研究センター長・教授 鶴岡 慶雅

1 コロナ検出と対策  竹内雅樹, 大邉寛幸, 井倉幹大, CHUANLAI ZANG
2 コロナとの共存   高木健, Yussef Milburn, Yuxi Liu
3 リモートワーク   伊東哲史, 浅見高史, 大柿安里, 高堰仁美, 内村慶士
4 新しい組織     佐野真莉奈, 村山貴志
5 教育        柳百合子, 渡邉禎恒, 加藤麦彦
6 医療・介護     野寄修平, 南條愛華

パネルディスカッション参加者
竹内雅樹, Yuxi Liu, 伊東哲史, 村山貴志 , 柳百合子, 野寄修平

15:00-15:30 休憩(賞の投票/集計)
15:30-15:40 学生発表の賞の紹介 表彰式
江崎 浩 (情報理工学系研究科 副研究科長)

【学生発表に対する受賞者】
総合賞  リモートワーク
企業賞  コロナ検出と対策 ・コロナとの共存 ・医療・介護

【賞にあたって】
今回の賞は,UMP-JUST参加企業7社と東京大学教授5名によって下記の観点で -2 〜 +2 の5段階評価にて行いました.
1)ポストコロナとの親和性
2)テーマの上での独創性
3)実現性/将来性,実現可能性や普及効果,社会的インパクト等
4)総合

得点は各発表に対してばらけ,4)の項目を2倍した点数を換算したところ,企業賞のチームは同点となりました.惜しくも受賞から漏れたチームへの点数も決して小さくなく,本当に僅差の点数差にて賞が決まったことを申し添えます.


第2部:

16:00-16:05 開会の辞 情報理工学系研究科 研究科長・教授 須田 礼仁
16:05-16:25 ソーシャルICT研究センター 産学連携活動:社会連携講座のご紹介
ソーシャルICT研究センター 特任准教授 山口 利恵
16:25-17:00 パーソナルデータエコシステムに関する研究活動紹介とポストコロナに関する教員からの提言
ソーシャルICT研究センター 副センター長・教授 橋田 浩一
17:00-17:10 GCL/IIWのプログラムのご紹介
ソーシャルICT研究センター センター長・教授 中田 登志之
17:10-17:20 学生からのポストコロナに関する提言の紹介・統括
知能社会創造研究センター長・教授 鶴岡 慶雅
17:20-17:40 UMP-JUST 受賞学生からのポストコロナに関する提言
17:40-17:45 閉会の辞 情報理工学系研究科 副研究科長・教授 江崎 浩
UMP-JUST参加企業からの講評

 

© 2021 知能社会国際卓越大学院プログラム